Scale System - 電子はかりをBluetoothなどで、タブレットに接続
エーアンドディ製・新光電子製・大和製衡製の電子はかりとタブレットとを接続するシステムについてご紹介します。
エーアンドディ製電子はかりは、RS-232C出力(D-sub9pin)にBluetooth無線アダプタを接続し、Bluetooth無線によりタブレットに接続します。Bluetooth無線アダプタとして、Parani-SD1000またはDKA-101DSが使用可能です。
また、コネクタのピン配列が異なる為シリアルリバースアダプタを使って変換します。
WiFi接続には、REX-WF60を使用します。オスメス変換コネクタ (ストレート)が必要です。
ソフトは、androidアプリで紹介しているアプリが使用できます。
エーアンドディ製はかり-タブレット接続のシステム構成(Bluetooth)
電子はかり RS-232C出力(D-sub9pin)付きの電子はかり
Bluetoothユニット Parani-SD1000 または DKA-101DS
変換コネクタ シリアルリバースアダプタ (例:AD-R9 ELECOM製)
エーアンドディ製はかり-タブレット接続のシステム構成(WiFi)
電子はかり RS-232C出力(D-sub9pin)付きの電子はかり
WiFiユニット REX-WF60
変換コネクタ オスメス変換コネクタ (ストレート)
新光電子製電子はかりは、RS-232C出力(D-sub9pin)にBluetooth無線アダプタを接続し、Bluetooth無線によりタブレットに接続します。Bluetooth無線アダプタとして、Parani-SD1000またはDKA-101DSが使用可能です。変換コネクタは、不要です。
WiFi接続には、REX-WF60を使用します。オスメス変換コネクタ (クロス)が必要です
ソフトは、androidアプリで紹介しているアプリが使用できます。
新光電子製はかり-タブレット接続のシステム構成(Bluetooth)
電子はかり RS-232C出力(D-sub9pin)付きの電子はかり
Bluetoothユニット Parani-SD1000 または DKA-101DS
変換コネクタ 不要
新光電子製はかり-タブレット接続のシステム構成(WiFi)
電子はかり RS-232C出力(D-sub9pin)付きの電子はかり
WiFiユニット REX-WF60
変換コネクタ オスメス変換コネクタ (クロス)
大和製衡製電子はかりは、オプションのBluetooth無線通信ユニット内蔵タイプを使用します。
外付けコネクタなどが外周に無い為、防水機能を維持できます。
ソフトは、androidアプリで紹介しているアプリが使用できます。
大和製衡製はかり-タブレット接続のシステム構成(Bluetooth)
電子はかり オプションのBluetooth無線通信ユニット内蔵タイプ
Bluetoothユニット 内蔵
変換コネクタ 不要
電子はかりとタブレットを接続したシステムの構築には、下記の準備が必要です。
<導入準備>
 1.はかりの選定・準備
 2.Bluetoothユニット、タブレットなど関連機材の準備
 3.はかりとタブレットの接続設定
 4.アプリの準備、タブレットへのアプリのインストール
 など
弊社では、ご要望に応じた、ソフトの開発を行っております。
また、電子はかりの選定から、システムのセットアップ、納入などのサポートも承ります。
検討のご依頼、費用見積りなどは、お問合せからご依頼ください。
セットアップやシステム構築には、ある程度の専門知識が必要です。